電力自由化とは世界ではすでに常識なのです

電力自由化とは、簡単にいえば普段利用する電気を供給する電力会社を選択できるようになるというもので、市場に競争が生まれることで費用が安くなるといったことが見込まれています。
最近ではこの電力自由化という言葉がよく聞かれるようになっていますが、それは日本でも2016年4月から一般家庭においても電力自由化が導入されるからなのです。
しかし、海外ではすでに電力自由化がかなり進んでおり、日本は世界の先進国と比べて導入が遅いということはご存知でしょうか。
そこで、今回は世界の電力自由化の実態についてご紹介いたします。


電力自由化で失敗する国は多数いる?

上記のように電力の自由化は多くの国が積極的に取り込んでおり、日本は若干遅れているともいえる状態ですが、その背景には諸外国の多くが電力自由化に失敗しているというものがあります。
特にアメリカでは電力自由化によって逆に電気料金が上がってしまったという事例もあり、競争によって価格を下げようという狙いが逆に働いてしまったということもあります。
電気事業というのは単に発電する設備だけでなく、各家庭に送電するコストというものもかかってきます。
そのため、元々送電していた電力会社に新規が勝つことは難しく、結果として選択肢は増えても電気料金が高いといった事態になったのでした。
しかし、そういったリスクがあるのに、どうして日本は電力自由化に踏み切ったのでしょうか。


日本は電力会社の選択肢が少なすぎるのが問題に

日本では関東であれば東京電力、関西であれば関西電力と、それぞれの地域によって公共性の高い電力会社が存在します。
こういった大規模な電力会社があるおかげによって、これまで日本では非常に質の高いサービスを受けることが出来たのですが、料金が固定化されてしまっていたというのも一つの事実です。
また、近年では原発事故や電気料金の値上げによって、公的な電力会社への不信感というのも強まっています。
そこで、新規に民間の電力会社を導入することによって、各家庭に希望する料金で希望するエネルギーから生まれた電力を供給しようと考えたのです。
電力自由化ではそれぞれの民間企業が独自の発電方法に取り組む動きを見せており、それによってこれまでにない低価格の電気供給や、クリーンエネルギーからの発電が実現されるかもしれません。

企業などではすでに導入されていた電力自由化、これが各家庭に普及するのが吉と出るのか凶と出るのか。
それは各ユーザーが今一度電気について、もう一度真剣に向き合って考えることが出来るかどうかにかかっているかもしれません。